書籍のご注文

オンラインストア「福祉のひろば オンライン」からご注文頂けます!(クレジットカード決済対応)

メーリングリスト
総合社会福祉研究所個人会員限定

新規申込

発売中!

真田是(なおし)著作集 全5巻販売中!

動画配信


社会福祉イベントを生中継!
インターネット中継はこちら



社会福祉イベントの録画を
配信する保管庫はこちら

ストアから

送料PR 定期購読 電子書籍案内

 

関連リンク

福祉のひろば2024年6月号

特集

能登半島地震 被災地からのレポート〈前編〉

元日に発生した能登半島地震から、五月一日で丸四か月が経過しました。 しかし、いまなお四六〇〇人あまりが、各市町村に開設された一時避難所や、ホテル・旅館などの二次避難所で、避難生活を余儀なくされています。 車中避難や在宅避難、農業用ビニールハウス内などで自主避難をされている人の数は把握されていないので、実際にはもっと多くの人々が避難生活を強いられています。

総合社会福祉研究所・福祉のひろばとつながりのある、被災地にお住まいの方にレポートを呼びかけたところ、ソーシャルワーカーの黒岡有子さんは、限界集落である地域の再建に力をいれるべきかという意見があることにも触れながら、やはり、「能登に帰りたい」という一人ひとりの願いに寄り添いたいと、思いを寄せてくださいました。 櫻庭葉子さんは、いしかわ総合スポーツセンターでの支援に入った際、大手介護企業のサブリーダーから、「(避難者を)甘やかさないでください」「居心地良くしないでください」と言われたことを紹介し、被災した人にまずは寄り添うのではなく、自立・自助を求めることの問題の深刻さを指摘しています。 一般社団法人Colaboの仁藤夢乃さんは、非常時の状況が何か月もつづき、つねに我慢を強いられるなかで、被災者のなかで「あきらめ感」がまん延していること、そうしたあきらめが主体的に行動する力を奪い、それは福祉の衰退につながることを指摘しています。

国や行政をあげて被災地に寄り添うことをしないまま、当然のニーズを"わがまま"とし、我慢とあきらめを強いる。「みんなたいへんなのだから」と個別支援を否定し、行政が決めた枠から外れた主体的な行動を自己責任として支援対象から外す。そうしたことの先にあるのは、まさに福祉の衰退であり、自治の崩壊だと思います。今号と次号の特集二回にわたって、一人ひとりのいのちと暮らしを守るために私たちができること、しなければいけないことを考えたいと思います。 最新号の詳細はこちら

福祉のひろばからのお知らせ

2024年05月13日
第37回 社会科学・社会福祉基礎講座 開講のお知らせ
2023年07月24日
第17回(2023年度) 京都社会福祉講座 開講のお知らせ
2023年07月24日
2023/8/26 第31回 総合社会福祉研究所 定期総会のご案内
2023年07月03日
2023/8/26-27(土/日) 第28回 社会福祉研究交流集会 in 大阪
2023年05月02日
第36回 社会科学・社会福祉基礎講座 開講のお知らせ
2023年05月02日
2023/6/26(月) 第10回 釜ヶ崎のまち短期留学 【現地開催】
2022年12月28日
2023/1/7(土) 第27回 合宿研究会(オンラインのみ) in 大阪 開催のご案内
2022年08月18日
第16回(2022年度) 京都社会福祉講座 開講のお知らせ
2022年07月17日
2022/8/27(土)「総合社会福祉研究所 2022年会員の集い」のご案内
2022年07月17日
2022/8/27-28(土/日) 第27回 社会福祉研究交流集会 in 愛知

新着

関連書籍のご紹介

ともに、つなげ、ひろげる
―東日本大震災と私たち―
シリーズ「新しい発達と障害を考える本」


ご注文は「全国障害者問題研究会   」まで


献本していただきました!

監修者:内山登紀夫 / 定価:各1,890円(税込)
発行:ミネルヴァ書房

1) もっと知りたい! 自閉症のおともだち
2) もっと知りたい! アスペルガー症候群のおともだち
3) もっと知りたい! LD(学習障害)のおともだち
4) もっと知りたい!ADHDのおともだち

あなたも研究所の会員に!

総合社会福祉研究所は、すべての人びとのいのちとくらしをささえる諸権利・制度の発展に寄与するため、1988年に設立されました。主として社会福祉及び関連分野の総合的な調査、研究を行い、その成果を広く普及することを目的としています。あなたも会員になって、社会福祉の未来をともにひらく研究・学習活動に参加しませんか?

会員になるには?